‘イベントレポート’ カテゴリーのアーカイブ

JAEPO2013

2013年4月5日 金曜日

新年度ということでブログの一つも更新をしよう!と思い立ちました。
かりめろ@企画部Wです。

弊社にも新人が2名程入りました!
去年の新人達もそうですが、同じ大学出身ということもあり(私とは丁度すれ違いで入学した年代でした)馴染みを感じてもらえているようで何よりです。
今回は、2012/2/15・16に行われたジャパン・アミューズメント・エキスポ「JAEPO」について、撮った写真を眺めながら記事を書いてみようと思います。

参加したのは2/15(金)、ビジネスデーです。

いままでは毎年9月頃に「JAMMAショー」、毎年2月頃に「AOUショー」の2つのイベントが行われていたのですが、それらを一つにまとめたものが今回のJAEPOです。
どちらも同じくアーケードゲームの展示会ですが、性格的にはゲームセンターを大きな会場に展開した、という体でAOUショーに近いものがあります。

前置きはこのあたりにしまして、内容について触れていきましょう。
まず会場をめぐりながら思ったのは、ゲーム画面(モニター)が全体的に大きくなっているなということでした。

TAITOさん(SQEXさん)のブースで試遊&プレゼンテーションが行われた「グルーブコースター」は55インチモニターの縦置き。
ほぼ朝一で入ったにもかかわらず待ち時間120分(!)だったため試遊は見送ったのですが、プレイできた後輩いわく「画面が広く、かなり没入感がある」とのことです。
ゲーセンで見かけたらぜひともプレイしたい製品です。ちなみに2013冬稼働予定とのこと。

JAEPO2013 GrooveCoaster

比較対象がなくて恐縮なのですが、でかい!

子供向けのメダルゲームでも、50インチは割とある大きさですし、それを裏表に貼り付けて2面にしたり、さらにはそれを4面にしたものもあります。
さらにさらに、加賀アミューズメント㈱さんが展示されていた「eスポーツグラウンド」。
8畳程度の空間で、プロジェクターとセンサーを駆使して自分の身体をバーに見立てたピンボールを行わせる等、もはやゲームというより一種のスポーツといった方が近いと思えるレベルのものが揃っておりました。
調べてみたところ、実際フィットネスクラブに導入されていたりするようです。

上からプロジェクターで投影しています。

そして映像関係で気になったのは、SEGAさんの「北斗の拳」。
筐体の中にみっちり詰まっている1/1(?)ラオウさんの顔の部分ががプロジェクションマッピングで投影されているらしく、時によって表情が変わっていたのに最高に驚きを覚えました。

raoh

渋い顔つきです。

遠目からは普通に立体造形物に見えていたので、口が動いて瞬きをする瞬間を見てしまった瞬間、ラオウさんが筐体をブチ壊して外界に降り立たれるんじゃないかと思えるくらいでした。表情がリアルすぎる……

 

さて次に参りましょう。
バンダイナムコさんやSEGAさん等いくつかのブースで、「乗り込む」型のものを拝見しました。

その中でプレイしたバンダイナムコさんの「ダークエスケープ3D」。ジャンル的にはホラーシューティングなのですが、ゾンビが飛び出る3Dモニター、揺れるシートは序の口。四方八方からおぞましい声の聞こえてくる5.1chサラウンドスピーカー、演出に合わせてドッキリ的に噴出するエアー、しまいには銃のグリップに脈拍センサーまでついてビビった回数をカウントするという、これでもかというくらいプレイヤーを驚かせようというギミックに満ち満ちた製品です。
ビビリの自覚がある私は、プレイしたことがあるという後輩に「なるべく画面を見ないようにして撃つのであとは頼みます」とお願いし、半目の状態で挑んだわけですが。

先に倒れたのは後輩でした。

「1P側は攻撃が少し激しいんです」と申し訳なさそうに言う後輩に何も言えず、一人残された私は「ここでゾンビが登場するんでしょう! 知ってる!」と一人騒ぎ立てながら(恐怖をごまかしながら)進むこと30秒後、GAMEOVERの文字がそこにはありました。ですよねー
……その後、そのまま退出してしまったのですが、どうやら1P・2Pどちらがよりビビったかの判定とお仕置きタイムなるものが設けられていたようです。
十中八九初見+ビビリの私の方がお仕置きを喰らっていたのでしょうが、運良く(?)それを回避できて個人的には助かりました。

あとはKONAMIさんの音ゲーをいくつか触って参りました。
ミライダガッキにはkinectが搭載されており、太鼓を叩くだけでなくポージングを決める必要があるなど、かなりアクティブな操作が求められております。
個人的に、一人ではできないゲームだなと思います。笑
羞恥心が拭い切れない私には注目を浴びてしまいやすいポージング操作はつらい!笑

後輩のふたり(しっかり音ゲーマー/そこそこ音ゲーマー)が楽しんでいる中、私はブログ用の写真を確保すべく後ろでパシャパシャしておりました。
しかし本当に音ゲーマーのプレイスキルというものは見ているだけで「なんかすごい気がする!」感がありますね。
私は高校の頃にちょっと頑張った程度のにわかなのでついつい見惚れてしまいました。

音ゲー中の後輩ちゃん(後ろ姿)

モニターの巨大化もそうですが、kinectの導入や5.1chサラウンド、センサーでの操作等、今までは「モニター」「コントローラー」を通じてゲームの世界とやり取りしていた時代から、「自分の身体」を通じてゲームの世界とつながる時代へと進んできているのだなあと感じております。
コントローラーを自分の手足のように扱う感覚も忘れたくないものではありますが、新しいユーザーの取り込みという意味では、操作方法を知らなくても直感的に操作できるこういう形式がふさわしいのかもしれません。

TGS2012

2012年10月9日 火曜日

去る9/20~24、千葉・幕張メッセにて行われた東京ゲームショー!
わたくし企画部W@かりめろ 行って参りました!

スマホ・タブレット用ゲームの隆盛に驚きつつ、コンシューマもなかなかに注目させられるタイトルが多く、個人的には大満足のTGSでございました。

とりあえず入り口からパシャリ

TGS2012

ビジネスデーなのでわりと落ち着いております

 

ほぼ開場~閉場近くまで場内をうろついていたのですが、試遊できたタイトルは以下のようになりました。

○ジョジョの奇妙な冒険 オールスターズ
○ファンタジーライフ
○エクストルーパーズ
○アサシンクリードIII レディリバティ
○三国志12
○タブレット対応ゲームをいくつか

…結構やったような気がしていたのですが、思ったより数がかなり少ないですね…
合間合間に各ブースのステージを見たり、通りすがりにブシロードブースでやっていたプロレスを眺めたりしていたので
大体こんなものかもしれません。
試遊の待ち時間は最長30分程度でまあサクサク行けた方だと思います。

個人的に、エクストルーパーズのマルチプレイがかなり楽しめたので3回ほどやってしまいました。
銃でドガガガッとやりつつ、ジェットパックでゴーッと近づいて蹴りをぶち込んだり、デカブツ(ボス)が出てきたらば貯めておいたエネルギー的なもので必殺技発動!
必殺技はチームの3人で集合して撃つものもあるのですが、うまく当てられるとなかなかに爽快です。
やはり生の人間と一緒にプレイするというのは盛り上がりますね!

また、三国志12はWiiU版をプレイすることができたのですが
WiiUゲームパッドの軽さといったら…!
正直ハリボテなんじゃないかと疑うレベルの軽さ、そして画面はしっかりくっきり!
(もちろんハリボテなどではなくしっかりコントローラーです)
三国志などのシミュレーションゲームは、各部隊やそれぞれのパラメータ、メニューUIなどのインフォメーションがとにかく多いのが特徴として挙げられますが、
それらすべてが特に読みづらいと感じることもなく、ゲームパット単体で十分なほどしっかり表示されておりました。
肝心のゲーム自体の方は、時間が差し迫っていたこともあり5分程度しかプレイできなかったのですが、コーエーさんらしい、じっくり考えるシミュレーションとして仕上がっておりました!

また、ソニーさんのブースではタブレットで遊べるゲームがいくつかあったのでちょいちょいと触って参りました。
本格的なゲームらしいゲームはなかったのですが、グラフィックのクオリティ等はやはりコンシューマーと大差なく、ゲーム機をわざわざ起動しなくても「お手軽に」「高品質の」エンターテイメントがプレイできます。
このあたりは各社iPhone、iPadで遊べるアプリがかなり出展されていたということもあり、エンターテイメントの中心に「ゲーム機」ではない「携帯デバイス」が大きな存在感を示してきたなと感じます。

また、携帯デバイスといえば忘れてはならないのがGREEさん・gloopsさん等のソーシャルゲームメーカー。
両者ともブースが大きく、業界全体からしてもかなり注目を浴びているのがよくわかります。
コンパニオンさんとスタッフさんの数もとにかく多く、力の注ぎようが伺えます。
内容はいわゆるボタンをポチポチして経験値を稼ぎアイテムを合成して強化し…といった「ソーシャルゲーム」だけではなく、同時に接続しているユーザーと協力してプレイするオンラインアクションRPG、といったタイトルも出てきました。
そもそもソーシャルゲームのキモは「他人とつながる」感覚なので、相性としてはバツグンではないでしょうか。

 

最後に、開場にいたマスコットキャラたちの一部をまとめてパシャリ
TGS2012

※伊達まシャムねさん/アイルーさん/メロン熊さんとお付きのおねーさん

着ぐるみのみなさんはカメラを向けつつ「ヘイ!こっち向いて!」ジェスチャーを取るとノリノリで応えてくださるのでたいへん癒されます。ドヤ顔まシャムねさんかわいいです。
もちろんコンパニオンのお姉さん方もキメキメポーズしてくださるので感動します。
普段は谷間を強調したスタイルの良いお姉さんのキメ顔写真を取る機会なんて全くありませんからねえ…

来年のTGSにもまた期待しつつ、日々を強く生きていこうと思います。
企画部W@かりめろでした。

東京おもちゃショー2012

2012年6月18日 月曜日

先週の6/14(木)~17(日)にかけて開催されました東京おもちゃショー2012!
行って参りました見て参りましたかりめろ@企画部ゴルベーザ渡部です。
15(金)に、今年入社の女の子と3名連れたって行って参りました!

そんな訳で、今回はおもちゃショー2012のレポートをお届けしたいと思います。
※おもちゃショーの詳細についてはこちらをどうぞ→公式サイト

 

それでは早速気になったもののご紹介から!

 
camatte 「そら」

TOYOTAの「camatte」という車です。……車?……車って玩具?
少なくともおもちゃというカテゴリには入らなそうなブツに見えますが、
なんとこれ、子供でも運転できちゃうちゃんとした車なんだそうです!

※私道のみ、公道はもちろん走れません。

 運転席の後ろに、保護者の方が入り込めるような設計になっておりまして
後ろから操作の補助ができるようです。

しかもこの「camatte」のすごいところ、それは……ボディの着せ替えが出来る!

きせかえ後のものは残念ながら会場にはなかったのですが、別モデルの方も
撮って参りました。


 ちなみにこちらのモデルは「だいち」だそう。

ちなみに、どうやって着脱するのかというと…


↑こんなかんじで
車のいろんなところにある「回して下さい!」と言わんばかりのつまみを回していくと、ガポッとはずれる簡単設計となっております!
なんとわかりやすい!

 

さてさて次に参りましょう。
お次はこの子です!「PABOT」!

じゃじゃーん

ゴツゴツ鎧系のイカしたロボット!しかもわりと大きい!(20cmくらい?)
なんとこちら、を組み立てて出来ているフィギュアだそうで。

カッターやらハサミやらも使わず、折り折りして組み立てるだけでこんなカッコイイロボットがお手元に!
紙に印刷してるわけなので発色もよく、いわゆるプラモデルみたいに後でシールを貼ったり塗装したり、といった手間は全く無くてOKという…
なんとお手軽な組み上げキットか…!私でもできそう!

しかも金銀箔押しの豪華仕様なので、キラキラゴツゴツピカピカ大好きな男の子なんかはヒャッホーなんじゃないでしょうか。

その後はバンダイさんブースに突入し、新人の子に一時別行動をお願いしつつ個人的趣味のブツ(特撮)の撮影に走ったり
(ビート・J・スタッグさんが忍者屋敷のどんでん返しばりに出てくるスペースがあるのですが、思わず出待ちしてしまいました)
新人の子ひとりがカピバラさんに食いついて写真を撮り続けていたり
 タカラトミーさんのブースで氷プリンをもらって幸せな気持ちになったり
アイアップさんのブースにあった「マナー豆」という商品で豆をつかむのに挑戦していたところ
豆が!豆がつかめない!となって私の箸使いは間違っていたのか!と絶望したり
昼食を抜きにしていたために「にこだんごつみ」を見ながら(お腹減った…ジュルリ…)となったり

いろいろとありました。笑

そして、今年のおもちゃショー全体を通して気になったのが、
「スマートフォンを利用した仕組み」のある玩具でした。

例えばこれはバンダイさんの「スマートペット」なのですが(デモ用のiPad版です)、
いわゆるデジタルペットをスマートフォンのアプリにして、胴体(機械部分)を別売りにした商品です。

画面上のキャラクターを撫でたりお世話したり、というのはデジタルペットとして割とよくある在り方なのですが、
それを、近年の普及率が目覚しいスマートフォンと関連付けて商品とするのは確かに
時代の流れとしてあるべき姿なのかなあと感じます。

いわゆるすごろく的なゲームの補助としてアプリを活用していたり、
タカラトミーさんも、「ファミリーアップス」として、親子で楽しめるアプリの開発を行なっていたりと
スマートフォンを玩具として扱うことがスタンダードとなってきた感があります。

最近はスマートフォンやタブレットPCの所持率が大分上がってきているようですし
小さいころからそういった機器に触れる機会も増えているわけで、
それを玩具として扱えるようにするのは当然といえば当然ですよね。

スマートフォンの可能性は本当に広いですね!

 

では最後に、動きが恐ろしく可愛かったねじまき式のアルパカちゃんの画像を貼って
終わりにしたいと思います。

イワヤさんの「Wind Up Alpaca」ちゃんです。

ネジを巻いてストンと置くと、じりじりじりじり迫ってくるのですが、なんというか…その…
「こっちくんなwww」というどうしようもないこわかわいさがひどい…かわいい…
脚が長く重心が高いので不安定に見えるのに、決して倒れないでチコチコにじりよってくるのがもうもうこわいかわいい
動画も撮ったのですが、私の撮影スキルが低すぎたため満足できる映像になりませんでした…恐縮です!

ちなみにこれと同じタイプのブタの玩具があったのですが、ブタさんは脚が長いわけではなく
ちゃんと重心低めのブタさんだったので安定したかわいさでした。
 

来年のおもちゃショーも楽しみですねー!
それではお久しぶりのブログ記事、ここいらで失礼いたします。

東京おもちゃショー2010

2010年7月27日 火曜日

ずいぶんお久しぶりとなってしまいました。すみません!

企画部W@カリメロです。

今回は7/15~18開催の東京おもちゃショー2010についてのレポートをお届けしたいと思います。

※おもちゃショーとは…
社団法人日本玩具協会主催の、玩具の見本市。
発売中の玩具はもちろん、これから発売される予定の玩具もたくさん出品されております。
平日2日間のビジネスデーと、土日の一般公開デーにて開催されます。

去年15時頃から参加した際、時間が足りなくなり4F展示ブースがまるまる見られなかった失敗を省みて
今年は午後一で会場に向かいました。

 

実は弊社が関わったものもいくつか出展されておりました!
AM筺体やらCSソフトやら…参考出品用のハードなんてものもあります。
諸事情でご紹介できないのが残念ですが、もっと弊社の名前が世に出せるよう
現在鋭意努力中です!

 

さて、それではいくつかブースの紹介をさせていただきます。

 

特に印象的だったのは、ブシロードブースにあったアトラクション!

新しくリリースされるカードゲームの世界観を再現したアトラクションということです。
まず、プラネタリウムのように星が散らばった円筒状のトンネルが回転している中を進んで行くのですが、

も~~~~目がまわる!

こんなかんじです 実際入るともっとつらいです まわります

入る前、案内の方が「動けなくなったら手を上げてください!」とおっしゃっていた意味がよくわかりました。
(上下を失うってああいう事を言うんですね)
最後の方は目をつぶって歩いてました。無理ですって。

その後は、カードをめくってアタリが出たらコインがもらえる!とか
ガチャガチャの玉を1つ選んで中に入っているコインをGET!とか
GETしたコインの枚数で最後にチャレンジできるアクションの回数が変化する、といったような内容でした。
最後にプロモーションカードをGETしてちょっとホクホクです。

 

そして次はコレです!
HEX BUG
コレ!
タカラトミーアーツさんの「HEXBUG nano」です。

写真だと少しパンチが足りませんが、実際に動いているのを見ると非常に その アレ です。
一匹一匹ならまだしも(といっても結構つらい)、集団でいると もう もう ゾワゾワが止まりません…
いっぱいいればいるほどアレっぽくて思わずクセになります。
しかもひっくり返ってもブルブルしてるうちに元に戻ってまた走りだすという親切設計。

うーきもちわる…い でも見ずにはいられない

 

さて気分を入れ替えて!バンダイさんのブースを見てみました。
驚いたのは、映像コンテンツが3Dだったこと!
せっせとメガネを拭いているお姉さんに申し訳ない気持ちになりながら
3Dメガネをお借りして、メガネからモニターを覗き込むと…

飛び出した!

※実際は赤青ではなく偏光方式の映像です


丁度3D映画の劇場公開が迫っているということもありますし、
コンテンツを活かす機会が増えて丁度良い!という都合もありそうですね。

その他にも、今流行りのiPadを利用して商品紹介を行っている等、
とにかくバンダイは「見せる」ことに意欲的であるという印象を受けます。

バトルスピリッツのカードモンスターの巨大フィギュアやら
プリキュア3人の等身大(?)フィギュアやら
石川遼選手1/1フィギュアやら
その他これより発売予定のさまざまなフィギュアやら
立体物がたくさんあるとついつい写真を大量に撮ってしまいます。

※ちなみにこれは1/6サイズですあしからず
石川遼選手
もーーーーーお腹いっぱいです!
配布されていたカードも抜かりなくGET。ありがとうございます!

 

そして私のココロをつかんだもの!
それは「擬似ペット」!です!

写真が見つからないので拙いながらも絵を描いてみました。

セガトイズさんより発売の「ズーズーペット」です。
アメリカにてトイ・オブ・イヤーを獲得したというこの玩具!かわいいです!
ハムスターを模した玩具なわけですが、背中を押すと絵のように走りだすのですが、
回し車で延々グルグルしているのを見るだけで癒されます!
アルファー波もりもりです!さっきいたアレっぽいのとは大違いです!安心します!

また、昨年日本おもちゃ大賞の大賞を受賞された「夢ねこヴィーナス」も
白い子が仲間入りしていたので、ちょっと触ってみたのですが
喉を触るとゴロゴロ言ってくれたり、頬のあたりを触ると顔をこしこししたり。
偽物だとわかっていても…やはり猫はいいですね…

同「夢ペットシリーズ」で「夢ハムスター」という商品もあるのですが、
そちらも非常に愛らしいです。
動いているのを見るとさらに愛らしくてたまりません。ぜひ!

擬似ペットブーム is comming!

 

最後にかわいらしい人形とN先輩の写真を載せて終了したいと思います。

三英貿易㈱さんのブースでパチリ!

ダッコちゃん人形的なアレですね!
お猿さんだけではなくゴリラさんやらワンちゃんやらたくさんいらっしゃいました。
手足についたマグネットを好きなところにつけて遊んだりできます。
しかも手触りがいい…最高です。連れて歩きたくなりますね!

 

今回のおもちゃショーで私が感じたのは、「ちょっとリアルっぽい」ものが多いな、ということでした。
リアルといっても生々しいものではなくて、なんだかちょっとそれっぽい、という
非常に曖昧なものです。
しゃべったり、食べるマネをしたり。マーキングしたり。
しかもそれが人形などの「そのまま」の形ではなく、例えば貯金箱が「もっと入れてえな~」なんて
しゃべったりするような、ちょっとヒネったものも数多く見受けられました。
何と何を組み合わせたらもっと面白くなるか?なんて問いが聞こえてくるようです。

来年のおもちゃショーも期待!ですね。
いろいろ得るものが大きかったイベントでした。おもちゃショーに関わった全ての方々、本当におつかれさまです!

AOU2010アミューズメント・エキスポ 参加レポ

2010年2月22日 月曜日


こんにちは。企画部W@あだ名はカリメロです。

去る2/19()AOUショーに行ってきました!

 

(朝、東京駅で先輩と待ち合わせをしている間、

 外人さんに道を聞かれGo Straight!としか答えられなかったんですが、

 彼女たちが無事目的地に着けたのか非常に心配です。)

 

それはさておき、いざ入場!

会場

人がいっぱいです

 

まずはじめにセガさんのブース周辺を見て回りました。

キッズコーナーで一通り遊んだのち、クレーンゲームに移動。

そんなにスキルもないので普通に取れずに先輩のところに向かうと、

非常にテンション↑↑なオニーサンに出会いました。

 

ニーサンとソニック

ソニックさんとオニーサン

 

振り向いた際に思わずビックリして反応してしまったところ、

ロックオンされ笑顔でにじり寄られて内心ビビっていたことは秘密です。

 

UFOキャッチャーに夢中な社員N氏

UFOキャッチャーに夢中なN先輩

 

その後もクレーンゲームをして回ったり、先輩とホッケーしたり、

ご飯を食べながら格ゲーの大会らしきものが行われているのを遠目に見ていたり、

メダルゲームで普段はできないレベルで大量につぎ込んでみたり、

バンダイナムコさんのブースにて新作のカードゲーム筺体で遊んでみたり(個人的な趣味です)、

ほぼアトラクション状態(乗り込み型筺体でガタガタ揺れる!)のシューティングで先輩とキャッキャはしゃいでみたり、

コナミさんのブースでドラマニやらダンレボやらの達人が派手なパフォーマンスを

繰り広げている様子をすごいなーーーーと口を開けて見て参りました。

ほぼ物見遊山状態

 

「ひもを切る」クレーンゲームがあったり、

クレーンゲームにいろいろと新しい試みが行われているのに驚きます。

土曜日のクレーンゲーム選手権全国大会はどうなっていたのでしょう…

(にしてもクレーンゲームのことばかり書いてますね)

 

にしても最近は確立されたキャラクターものって強いのかなという印象です。

せっかくミクの整理券取ったのに抽選会に行かなかったこの体たらく

シアターはわたしが見た限り常に満員でした。

キャラものではないですがMGSも100分待ちとかなんとか。

土曜日はもっと伸びたんでしょうか。

 

しかしやはり新しいものをいちはやく体験できるのはいい経験になりますね!

勉強させて頂きました!

(しかしガリレオやりたかった!)

はじめてのブログ

2009年11月17日 火曜日

ブログはじめました。紆余曲折、ようやく公開までたどりつけて本当によかったです。
ご協力を頂きました皆様に、心から感謝いたします。
さて、だいぶ日数が経っているのですが、せっかくなのでテンションに任せて撮りだめしたJAMMAショーの時に撮った写真をちょっとだけ公開しようと思います。

01 Nさんとリラックマ

02 自分とリラックマ

なんちゃってクマに隠れてますが、この下はものすごく笑顔です。 それにしてもUFOキャッチャーオールフリーってすごく楽しいですね!
普段はお財布の都合で抑えられていたものが解放されるのって、とても気持ちがいいです。
普段UFOキャッチャーに手を出すような時は、いつも衝動買いに似たような自分を追い詰めるような 何とも言えない感覚を覚えるのですが、
今回はなんといってもタダなので(回数制限はありますけれども) 晴々しい気持ちでプレイできました。くせになりそうです。メダルゲームもやり放題!
ガリレオでむやみやたらとメダルを飛ばしたかったのですが、そこはさすがに人でいっぱいだったので 見ていることしかできませんでした。残念。