いっせーのせ! ONLINE

 

いっせーのせ!ONLINE

いっせーのせ!ONLINE
— みんなどこかで遊んだことのあるあのゲームをオンライン化!

日本語版 English

→XboxLIVE紹介ページはこちら

ジャンル ハンドスポーツ
発売年月日 2009年12月9日(2011年2月11日アップデート)
ハード Xbox360/XboxLIVE/インディーズゲーム
価格 80 マイクロソフトポイント
プレイ人数 1~4 人(オンライン対応)
体験版 有(時間&モード制限)
その他 ボイスチャット/フレンド招待

お知らせ
■11/02/11-New!
アップデート版が配信開始されました。
おもな機能追加点は「掛け声ボイス」「負け犬システム」「プライベートスロット」「フレンド招待」です。
皆様のご要望にお応えして、対戦部屋を作成するときにプライベートスロットを設定して、フレンド同士の対戦をしやすくしました。
プライベートスロット

フレンド招待

■10/08/30
ファミ通Xbox360 10月号にて、弊社スタッフのインタビューが掲載されました!
「メーカーが取り組むインディーズゲーム」コーナー

インディーズゲームとは?
XboxLIVE上にて運営されているゲーム購入サービスです。
世界中のクリエイター達が制作した様々なゲームをXbox360から購入できます。
全てのゲームに体験版が用意されており、試遊してからゲームを買うことが出来ます。
XboxLIVEインディーズゲームの購入にはマイクロソフト ポイントが必要です。

「いっせーのせ!」とは?
親指を上げて、数字を当てるこの手遊び。勿論、やったことありますよね♪
小学校、中学高校、はたまた大学生、社会人で流行った遊び、その中のひとつに、きっとこの「いっせーのせ」は含まれているはずです。

指たちの熱い戦い

「いっせーのーせ7!」とか「いっせーの5!」とか、「いちにーの、3!」とか。「しょーぶ、1!」なんてのもあるようです。
相手の数によってコールする本数を推測したり、各プレイヤー個人の癖を見抜いたり・・・、このゲームの奥深さは単なる手遊び以上の面白さがあります。
日本ならではであると思われる、この手遊びをSASGAMESはオンラインゲームにしてみました。
英語圏の方々にもぜひプレイしてほしいという思いを込めて、多言語対応で英語を用意しております。英語版タイトルは語感の響きが似ているということで”its say on set”=”いっせぃぉんセッ”としました!(苦しい…?)

購入までの流れ
XboxLIVEマーケットプレイス⇒ゲーム マーケットプレイス⇒インディーズゲーム⇒ジャンル⇒スポーツ&レクリエーション

プレイ方法
main3
自分が宣言した数字の数だけ、指が上がっていれば技あり!


1.はじめに、親がランダムに決まります
2.親は十字ボタンの左右でプレイヤーの上げる親指の本数を推測・・・、Aボタンで「いっせーのせ!」の掛け声とともに数を宣言します
3.親の掛け声に合わせて、プレイヤーたちは自分の親指を上げたり下げたりします
4.親の宣言した本数=参加者全員の上げた指の本数でなら成功!親は片腕を引っ込めることができます
5.右隣の人に親の権利が移ります
6.一番早く両手を抜くことができたら勝利です!

勝利の順番によってポイントが付加され、昇段していきます。高い段位は歴戦のつわものである証です!


操作方法
option
左スティックで数字を選択
左右のトリガーで指の上げ下げ
A/B/X でいっせーの、せっ!
「いせのせ!」「いっ、せぇー、のぉー、せ!」なんて、掛け声をゆっくり言ったり早く言ったり、テクニカルな戦術だって自由自在。あまのじゃくなあなたにも、退屈なんてさせません。
操作設定画面で「武士の叫び」や「気弱な男」「東北系」など全6種類の掛け声ボイスを選択出来ます。

モード

modeselect

・「チュートリアル」
操作がわからない人のために、指南をするモードです。
・「みんなで対戦」
XboxLIVEを使用してオンライン対戦します。
対戦部屋には、2 人部屋と4人部屋があります。マンツーマンで楽しむもよし、ワイワイやるもよし。新しい出会いがあなたを待っていることでしょう。
・「一人で勝抜き」
100人抜きを目指して、一対一でCPUと対戦します。
段位をまとめて上げたいとき、ひたすら無心でやりこみたい時等には、ここでプレイします。
・「練習試合」
3人のCPUとの練習試合を行います。
練習ですが、通常のプレイと同様に段位上昇のポイントを得る事ができます。
・「獲得勲章」
勲章の獲得条件と獲得勲章を装備するかどうかを決めることが出来ます。

プレイ画面

main5

main4

main7

勲章
medal
プレイをしていくと、「勲章」がもらえることがあります。
誰よりも先に抜ければ「一番槍」、長い間競り合いが続けば「長期戦」など。
「勲章」を獲得すると・・・??何かが起こります!

負け犬システム – NEW!
medal
「みんなで対戦」で最下位になってしまうと、指が「負け犬」状態になってしまいます。
負け犬状態は「みんなで対戦」で勝利すること(最下位以外)で解除され、通常の状態に戻すことができます。

“Powered by XNA Game Studio”

このゲームはXNA Game Studioで制作されました。
XNAGSを使用すれば今どきの3Dゲーム技術を簡単に実装できます。
以下にこのゲームで使用した事例をご紹介します。

・ノーマルマップ
グラフィックツールで凹凸情報をマッピングデータとし、その情報をXNAGS上で質感表現として使用しています。
ふすまや柱、畳の質感表現で顕著にその違いを見ることができます。

nomal_map_view room_nm

・シャドウマップ
モデルの奥行きを深度バッファとして処理するシャドウマッピング技法を使用しています。シャドウマップによる影

・ポイントライト
オンライン対戦用の部屋には、赤・緑・青のポイントライトを置いてリアルタイムに回転させています。部屋全体が妖しい光を帯びているのはこのためです。none -> red -> green -> blue

・環境マップ(キューブマップ)
あらかじめ用意した映りこみ用のイメージをプレイヤーの腕に対してマッピングしています。
これにより、腕がガラスのように反射している質感が表現されています。

キューブマップ
腕の映りこみ



© 2009 sAs co. ltd.